メンズファッションナビゲーター

2018年春夏メンズファッションの流行や着こなしなど最新情報!コーディネートしやすさモテなどおしゃれ初心者を意識!

汗かき汗シミ対策ができて激安なメンズ半袖Tシャツ

0 Comments
katsumi

グレーのTシャツなんて汗シミ代表敬遠していませんか?

春そして夏のメンズファッションで暖かくなると汗をかいて汗シミが気になる方はいませんか?汗かきの私は正直かなり気になります。それゆえに、ちょっと暑くはなるものの重ね着をして汗シミが極力でないようにしたり、色も限られていたりします。

グレーのTシャツなんてまずNG。しかしコーディネートしやすい色で男らしいメンズ春夏スタイルにできるんですよね。

汗シミを気にしなくていい!

汗シミ防止、対策機能性メンズ半袖Tシャツでは、そんな悩みを解決に導いてくれます。気になってグレーのTシャツを着れなかったっという方は是非一度試してもらいたい。

激安なのに汗シミ防止加工のメンズTシャツ

そして注目してもらいたいのは、こういった機能がある中では激安の部類に入るという点です。まずは気軽に試したいという方にもいいでしょう。

汗染み防止加工Vネック/クルーネックTシャツ1,560 円(税込1,685 円)

汗シミを目立ちにくく、さらに速乾性を兼ね備えたメンズTシャツになっています。薄くて動きやすい蒸し暑く汗ばむ季節に是非着てもらいたい一枚です。

汗をかいても目立たない新素材

ここからは素材について少し解説していきましょう。

新素材 汗シミ カットソー

洗濯は手洗い30

洗濯に関しては注意が必要です。こちらは手洗い推奨のカットソーになっています。ちょっとデリケートな洋服ですね。しかし汗シミを目立たなくする効果を長期間維持することも考えるとやはり手洗いがいいでしょう。

目立たなくするように作られていても劣化というのはどうしてもでてきます。早く機能を衰退させるのか?それとも長く維持させるか?の重要なポイントにもなってくるでしょう。

Yシャツでもある。ビジネスマン必見

ビジネスシーンでも着れるYシャツにも汗シミ対策ができるアイテムがあります。メンズの夏のビジネススタイルで大活躍してくれる機能性。

価格のほうは1万前後しますが、汗シミを気にして仕事に集中できないのであれば決して高いわけではないのではないでしょうか?

汗シミ対策メンズYシャツ⇒夏の準備にメンズ半袖Yシャツ ビジネスシャツ 汗シミ防止も!

汗っかきの大敵!汗シミを気にせず過ごしたい

汗をかく量が多く、脇汗などでシミになると恥ずかしい。そんな男性、女性は多くいることでしょう。むしろそこにそそられるといった方も、確かにいますが少数派だと思われます。

そんなときに、こういった汗シミ対策加工がされているメンズTシャツやYシャツを使うことで、少しでも汗シミがあるんじゃないのか?っといった心理的ストレスから解消してもらえたらと思います。

まとめ

汗対策の衣類も多くの種類があります。【汗自体をかきにくくするヒンヤリ系】【汗をかいたときにシミができないような加工がされているタイプ】

根本的に、これらのパターンは考え方が違っているのも、察しがつくかと思います。どうやっても汗が止まらない、多いといった方は、後者のほうがいいでしょうし、基本的にあまりかかない、汗シミも気にならないし涼しさを重視したいという方は前者になるでしょう。

どちらがご自身にあっているのか?目的に合わせて快適な夏Tシャツを見つけてもらいたいと思います。

【速報】これがメンズファッション2018年春の流行デニムパンツだ!

0 Comments
katsumi

デニムパンツの流行を知りたい

2018年春の流行トレンド。メンズファッション全体での流行もあれば、個別のアイテムでの流行デザインといううのも存在します。

ここ最近で、デニムパンツの流行は大きく動き出しています。数年前まではシンプルで定番と言われるような濃紺であったものの、ダメージやヴィンテージ、ウォッシュ加工といったものへと変わってきました。

シルエットも変わってきた

またシルエットも随分と変化してきています。細身タイプ中心からここ2~3年は太めのシルエットが流行トレンドとなってきており、目まぐるしい変化を感じとることができます。

ただ、あくまで流行のシルエットという部分であり、細身タイプの需要がないのか?と言われると実際そうではないので、トレンドの優先順位としてはさほど高くはない。

2018年春最も特徴的なのはデニムカラー

以前デニムの流行トレンドについて解説しましたが、できるだけ青以外のデニムパンツを選びたい。⇒2018年春のデニムパンツは青から違う色へ 流行

この流行がデニムパンツがこの春劇的に変わるポイントといってもいいでしょう。黒や白、その他青以外の色のデニムパンツを見かけたならば積極的に選んでもらいたいところです。

特に黒系となるとコーディネートもしやすく、デニム以外での黒パンツはほとんどの方が1本は持っているかと思うので、抵抗なくコーディネートを考えやすいのではないでしょうか?

普段からブルーデニム中心の方でも、ボトムを黒デニムに変えるだけで旬の着こなしへと簡単にできるので、検討してもらいたい。

最新2018春新登場のメンズデニムパンツ

2018年春の新作デニムパンツでは、黒やそれに近い色のアンクル丈のデニムパンツが登場してます。

2018年春 最新 メンズデニムパンツ 流行 トレンド1 2018年春 最新 メンズデニムパンツ 流行 トレンド2 2018年春 最新 メンズデニムパンツ 流行 トレンド3

アンクルだからこその足元の清潔感爽やかさもキープできる一本。ダークなカラーであってもその肌のチラ見せが春の爽やかな風を運んでくれそうですね。

これらは順番に、ダークインディゴ、ブラック、グレーのデニムパンツになります。白のシャツに白のシンプルスニーカーでモノトーンコーディネートを基本とすると春コーデを考えるのが楽ちんになります。

ひかりデニム アンクル パンツ/ストレッチ デニム アンクル/ストレッチ グレー デニム

高品質の日本製細部へのこだわり

これらのデニムパンツは日本国内のラインで丁寧に仕上げられたmade in japanのデニムパンツ。さらに春先から人気がでるアンクル丈となっており、大人の春夏ファッションでワンランク上のスタイルを最先端のおしゃれを楽しむことができます。

またブラックとグレー(写真:中央と右)のデニムパンツにはストレッチが入っているので動きやすさを損ないたくない方はそちらを選んだほうがいいでしょう。

黒デニムパンツは基本的に黒パンツと同じコーデで良い

デニムというと青というイメージがあるせいか、デニムパンツが黒になった途端、コーディネートがわからなくなるといった方も少なからずいます。

しかし基本的には、黒のチノパンツやカーゴパンツと同じコーディネートで問題はない。もちろんシーンによって、色云々ではなく、デニムパンツ自体がNGなケースもあるので、そこは気を付けていきましょう。

2018メンズファッション情報

春に悩める男子に贈る!ベージュ チノパンツのメンズコーディネート特集

0 Comments
katsumi

春らしい爽やかスタイル

春夏のメンズファッションベージュカラーのチノパンツやワークパンツなど取り入れることで春らしい爽やかなスタイルにできます。

しかしちょっと苦手な方もいたり、冬にダーク系のボトムを履く機会が多かったのもあり、どんなコーディネートにしていたのか?忘れている方もいるのではないでしょうか?

着こなし方がわからない方は参考に、忘れている方は思い出すきっかけにしていただけたら幸いです。

おしゃれ初心者にも優しいコーディネートのしやすさ

ベージュという色は爽やかさが欲しい春に、その印象を与えやすい。白ももちろん爽やかにできますが、コーディネートのしやすさという点でいうと、ベージュに軍配が上がります。

イメージとしてはカーキのように柔軟性がある色で、カーキが暗めに対し、ベージュは明るめで対になるような存在同士といってもいいでしょう。

それゆえにおしゃれ初心者の方で春のスタイリングで一週間のローテーションでメリハリをつけたいならば、持っておいて損のないカラーパンツです。では実際にコーディネートを見ていきましょう。

ナチュラル系 メンズ ベージュパンツ コーディネート

肩の力を抜いたリラックスさがありつつも大人の余裕も感じさせるスタイリング。

ベージュパンツ コーディネート メンズ

出典:SPUTNICKS(スプートニクス)

コットンシャツにカーディガンのトップスコーデでナチュラルさといい脱力感のある着こなしになっています。麻やガーゼシャツでも対応することが可能できます。

ジャケットで上品キレイめな春スタイル

ベージュのパンツにジャケットを羽織ったキレイめなスタイリング。

メンズ ベージュパンツ コーデ1

メンズ ベージュパンツ コーデ27分袖ボタンダウンシャツ メンズシャツ2015春

出典:SPUTNICKS(スプートニクス)

ベージュパンツはTシャツやシンプルシャツ、チェックシャツなどどのアイテムとも相性が良く、着まわし力の高い色というのが上記ジャケットコーデを見ることでわかるのではないでしょうか?カラーもこれら以外から選びやすく春らしい大人上品な着こなしに仕上げることができます。

アクティブカジュアルなベージュパンツ コーデ

アウトドアやアクティブシーンに真似していきたいカジュアルコーディネート。春の外出に海やレジャーシーンにもおすすめです。

メンズ ベージュパンツ コーデ3 メンズ ベージュパンツ コーデ4 メンズ ベージュパンツ コーデ5

出典:MENZ-STYLE

男らしさワイルドさを出せるデニムシャツを使っていますがベージュパンツにすることでメンズ春ファッションらしい清涼感もでています。インナーに白など明るい色を使うことより清涼感を出せるし、黒にすることで落ち着いた印象にすることができます。

3つのスタイリングではそれぞれデニムシャツを着用していますが、インナーの違いやパーカーをプラスしアレンジすることで違う雰囲気にすることができていますね。

着まわし力抜群!春のヘビロテできる1本!

メンズファッションでベージュのパンツはコーデしやすいボトムでもあるので、春から夏にかけても主軸としてスタイリングに取り入れていきたい。まだお持ちでない方は1本ワードローブに入れておくことでバリエーションも増やすことができるので、是非チャレンジしてもらいたい。

今回スタイリング参考画像&アイテムはスプートニクスさんとメンズスタイルさんになります。

シルエットにも注意しよう

明るい色とはいえ、ベージュは土っぽいイメージも持っています。なのでキレイめな着こなしにしていきたいのであれば、細身のシルエットにしたほうが表現しやすい。逆に太めにするとキレイめなデザインであっても、ワークな印象になりやすく土っぽさが強めにでてしまうので、キレカジならば細身、アウトドアらしさが欲しいなら太めにするといった変化を楽しんでみるのもおすすめです。