ポロシャツコーディネートでかっこいいとダサいの境界線を乗り越えろ!

ポロシャツコーディネートでかっこいいとダサいの境界線を乗り越えろ!

かっこいい大人カジュアルといえばやっぱりポロシャツ

イエス OK そだね

春夏の大人の男性ファッションでのカジュアルスタイル。メンズポロシャツをいかに選び、いかに着こなしていくのか?このポロシャツ使いが上手い方はカジュアルなコーディネートもおしゃれでかっこいい傾向にあります。

大人カジュアルの基本の洋服というのもあり、スポーツや仕事でも同様にファッションでも、「基本が大事。」

夏本番に向けてしっかりと予習をしておきたいアイテムです。かっこいいとダサい!どちらのコーディネートを目指していきますか?せっかく着るならダサいよりもかっこいいと言われたいと思いませんか?

素材やフィット感にもこだわったポロシャツ使い

さてポロシャツコーディネートで大人がこだわりたいポイントでもある、素材やフィット感。これは周囲と違いを見せる為にも考えていきたい。

しかし、素材ってどんなところにこだわっていけばいいの?フィット感ってなに?変えようと思ってもそもそも、どういったこだわり方をしていけばいいのかわからないといった方もいるでしょう。

脱定番素材でポロシャツに違いを出す

ポロシャツの定番というと鹿の子ですが、鹿の子はスポーツ感やカジュアルさがある生地感です。最近ではこの他にも、速乾性のあるような特殊な素材を使用しているものや、天竺素材などのように鹿の子以外の素材も多く存在しています。

1つの生地、素材ではなく数種類の素材で違いがあるポロシャツを持っておくと見た目の印象も生地により変化をしてくるので、ポロシャツ好きの方は、こういった部分での変化をつけていたりします。

全ての洋服選びの基本となる。

フィットといっていますが、要は細く見えたりするサイズ選びができるかどうか?といったサイズ感と思っていただいて構いません。

フィット感が絶妙だとおしゃれに見えますが、これはご自身の体型、サイズがわかっているということ。これは洋服選びの基本中の基本。

例えば、ガタイがいい方が洋服を着ているときは普通だけど脱いだらムキムキ、もしくは着やせしている人がいたりしますが、その方はサイズ選びも上手く、ご自身にあった洋服サイズを、格好よく見せるバランスを知っているということです。

ポロシャツの場合、大きいサイズは大人としてはふさわしくない。ややフィット感があるものを選ぶのがGOOD。ただし、小さすぎるサイズも選ばないようにしましょう。ピチピチはダメ!絶対!

カラフルな色で差をつけろ!しかし・・・

黒、紺、グレー。メンズポロシャツでこれらの色をチョイスする人が多いんですが、春夏となると物足りなくなることもあります。そこで、もっと明るい色でカラーバリエーションを増やしたい。

しかし・・・

色のチョイスを間違ってはいけない。カラフルといってもビビットカラーではなく褪せ色!

スラブ天竺 メンズ ポロシャツ 夏服1

出典:SPUTNICKS(スプートニクス)

こちらのようにラベンダーですが、派手な色ではないのがわかるかと思います。赤や青、オレンジ、黄色、緑などの色でも色落ちしたような褪せた雰囲気のある色が大人の洒落感と遊び心を出してくれます。

大人の男性におすすめメンズポロシャツ

ここではカジュアル下手とは言わせない!おすすめポロシャツをいくつか見ていきましょう。

メンズポロシャツ ドライポロシャツ 2018年 メンズポロシャツ ボーダー柄 2018年

詳細⇒Dry Pocket POLO ポロシャツ】/【ボーダーカットポロシャツ

大人の男性だからこそ、ちょっとクオリティが高めのポロシャツを選んでもらいたい。Rロゴがアクセントの向かって左のポロシャツはドライ素材を使用しており、汗をかいてもすぐ乾く機能性ポロシャツ。刺繍だけではなくポケットもあり機能面とファッション面で両方を兼ね備えた一着。

画像では白と黒のボーダーですが、このシリーズでおすすめしたいのは、『ネイビー』カラーをおすすめしたい。どことなく懐かしさを感じさせるレトロな表情が、大人の男の魅力を三割増しにしてくれそうなアイテムです。

進化系ポロシャツも狙う価値がある

シャツとポロのフェイクレイヤードデザイン(向かって右)は、重ね着が苦手な方や手軽に洒落感を出したい方におすすめ。暑い日に枚数を多く着なくても重ね着風のコーディネートができるのはうれしいですね。

それ以外の2着も襟裏の柄や袖といった、細かい部分かもしれませんが工夫が施されており、手抜きにならないおしゃれをすることができます。

ただしこちらは、25歳ぐらいまでの方が良いでしょう。

王道デザインと進化系で色選びは異なる。

メンズポロシャツで大人の男性がこの夏選ぶなら、型がベーシックならカラフルな色で変化を出し、進化系のようなデザインなら定番カラーをメインとしたものを選んだほうがゴチャゴチャなりづらい。

「カラフルで差をつけろ!」といっていますが、これは定番やシンプルな型のポロシャツをメインとして解説しています。

究極的にはシンプルポロシャツはサイズでダサいは避けられる

今回は、かっこいいポロシャツコーディネートをする為に考えていきたいことを解説していきました。しかしなかなか難しいという方もいるでしょう。

多くのことを言ってきましたが、『シンプルなデザインで体型にあったサイズ』を選びさえすれば、最悪、ダサいと言われる可能性は限りなく低くなります。

逆にどんなおしゃれなポロシャツであっても、サイズ選びを間違うとダサくなってしまいます。それだけにM、Lといった部分ではなく、cmでのご自身の体型は是非知っておいてもらいたい。ブランドによってMサイズだとしても違いがあるのでセンチメートルを知ることで、より体型にあった洋服選びをしやすくなります。

2018メンズファッション情報

関連記事
ポロシャツコーディネートダサいかっこいい

Comments 0

Leave a reply