エアリズムなど結局汗っかきにいい機能性インナーシャツはどれ?

エアリズムなど結局汗っかきにいい機能性インナーシャツはどれ?

汗をかきやすい夏の機能性インナーシャツ

接触冷感や吸湿速乾性の高い機能性シャツなど多くのブランドででています。メジャーなところでいうとユニクロのエアリズムなどは皆さまが一番最初に思いつくインナーTシャツでしょう。

しかし、実際に着てみるとメリット、デメリットがそれぞれあります。

接触冷感 メンズ Tシャツ インナー1

少ししか汗をかかないならエアリズムで問題ない

吸湿速乾が高く薄くて動きやすい。伸びるのでそこまで窮屈さもなく最初に着るときにはサラっとしててよい。汗をかいてちょっと濡れてもすぐ乾くし、洗濯したあとは夏などは1時間もあれば乾いていたりします。

しかし、私のような本当の汗っかきの夏(家を出て3分あれば汗シミできます。)には正直向かないし、運動する際に着る場合でもすぐビショビショになって肌に張り付き気持ち悪い。

接触冷感 メンズ Tシャツ インナー2

機能性シャツといえど汗を吸う量に差がある

どんなに乾くのが早いアイテムであっても、シャツが吸える汗の量に限界があります。本当の汗っかきは乾く前にドンドン汗がでるので、キャパオーバーするのが早く、水にぬらしてすぐのようなビショビショ状態になってしまうんです。

それゆえに、エアリズムだと薄くて軽く乾きやすいのはいいものの、「汗をかく⇒Tシャツ濡れる⇒乾く」の中で濡れてTシャツに汗を蓄える量が圧倒的に足りないんです。

汗っかきにいいのはスポーツブランドの機能性シャツ

値段は確かに高くなりますが、汗っかきの人からするとやはりスポーツブランドのほうが優れています。もちろん限度というのはありますが、スポーツをする上で汗をかくのは基本でもあることから、本当の汗っかきの人が欲しい機能面では高い水準を誇っています。

機能性インナーシャツではなく、機能性Tシャツです。

ひかり

商品情報⇒ナイキ ゾーナル クーリング リレー

ナイキのメッシュ素材のトップス。ナイキ以外のスポーツブランドでもメッシュ素材のものがありますが、これがまた気持ちいいんですよね。一般的な機能性インナーと比べ生地は厚めになりますが、汗っかきの人からすると涼しさもあり、ビショビショになるペースを遅くすることができます。尚インナーというよりはTシャツといった商品なので一枚で着用するのもいいでしょう。

値段も考えるならエクシオの機能性インナー

ナイキやミズノなどのスポーツブランドはちょっと高すぎる。そういった方におすすめなのがエクシオの機能性インナー。

楽天市場⇒EXIO エクシオ 接触冷感 コンプレッションウェア ラウンドネック半袖

こちらは価格も比較的お手頃で試しやすい機能性インナー。ただし上記のナイキのものと比べると生地は薄くなっているので、汗の量との相談になります。ただし価格を気にしないなら、汗をかく量が多い方は、ナイキやスポーツブランドのメッシュ素材の機能性Tシャツのほうがおすすめです。

それと、色落ちがちょっと気になるので無難なのは白ですね。

あとがき

汗っかきの管理人により個人的感想であり、体感、快適性などの感じ方には個人差があります。

また、エアリズムを否定するつもりはなく、ダラダラと汗をかく、滝のような汗をかくシーンで個人的に悩み試した結果の個人的感想になります。

むしろ汗が少量だったり室内で快適に夏を過ごしたい時などは非常に使いやすい。

汗っかきエアリズム機能性シャツ

Comments 0

Leave a reply