秋の着こなしにメンズ長袖tシャツ 2017年
FC2ブログ

秋の着こなしにメンズ長袖tシャツ 2017年

長袖メンズtシャツが気になる

秋そして冬の着こなしメンズ長袖tシャツは欠かすことができません。ベスト類やカーディガンとのコーディネートなど着る枚数がまだ少ない秋には、目立つ存在でもあり、冬のように洋服を着こむ季節には、インナーとして縁の下の力持ちな存在となってくれます。

秋ファッション メンズ 長袖tシャツ

最初に持っておきたい長袖tシャツは?

目線でいうと、最初に揃えておきたいのが、白そして黒の長袖tシャツ。これらはコーディネートがしやすい色でもあり、迷ったときには大体どんな色とも合わせやすい。さらにその色に近い、グレーやネイビーといった色も安定感があるので、チェックしておいて損はありません。

デザイン面でいうと、無地はシンプルすぎるので、プライベートであればベーシックなデザインに近いもののシンプルすぎないようなものがよい。「シンプル+さりげない変化。」があるような長袖tシャツが秋冬のメンズの着こなしで活躍させやすい。

ちょっと気になるメンズ長袖tシャツ

秋冬の着こなしで着用していきたい、今気になる長袖tシャツ(カットソー)を見ていきます。

秋ファッション メンズ 長袖tシャツ ワッフル生地

こちらはワッフル素材となっているアイテム。食べ物のワッフルはご存知ですか?凸凹とした生地感が特徴的な食べ物ですが、この長袖tシャツはそんなワッフルのような凸凹感のあるアイテム。シンプルながらもさりげなく個性を出していくことができます。

ひかりワッフル素材Vネックカットソー

フェイクレイヤードやワンポイントデザイン

カットソーの中には重ね着風のデザインも多くあります。一枚だとシンプルすぎても重ね着をすることでシャレ感がアップ。その表情を1枚でやっているのがフェイクレイヤード。

またそれ以外にも、胸元や袖などにワンポイントとなるデザインを施すことで、変化をつけるようなメンズ服もあります。これらもコーディネートしやすく秋冬の着こなしで、幅広く取り入れることができます。

ひかり杢デザインフェイクレイヤードカットソー/トリコロールテープラインデザインカットソー

長袖tシャツ以外にもニットソーといった選択肢

長袖tシャツももちろんいいですが、ニットソーを選ぶ方法もあります。ニットとカットソー(tシャツ)との中間アイテム。寒くなる季節にはtシャツよりも防寒面では上。ただしtシャツほど汗の吸収がいいわけではないし、物によっては素肌で着るとチクチクするものもあったりします。また中間的なアイテムなだけに、カットソーよりのものとニットよりのものとがあるので注意が必要です。

ひかりケーブル編みデザインVネック長袖ニットソー

これからが主役のメンズ長袖tシャツ

本格的に長袖のtシャツを着る機会が増えてくる季節になってきています。インナーになってくるとどうしても手を抜きたくなってくる部分ではありますが、チラっと見えた時に手抜きをしているのかどうか?の差がつく部分でもあります。

手抜きに見せない、尚且つシンプルでコーディネートしやすい上記のような長袖tシャツは重宝できるので、そういったトップスをこれから探してみてはいかがでしょうか?

2017秋冬メンズファッション情報

関連記事
メンズ長袖tシャツ着こなし

Comments 0

Leave a reply