全身黒コーデはダサい?黒ニットでおしゃれスタイルへ

全身黒コーデはダサい?黒ニットでおしゃれスタイルへ

全身を黒で統一したコーディネートはダサいのか?

ワンカラーコーディネートでおしゃれに着たい。全身黒コーディネートはダサいと言われることもあります。メンズファッションでは黒は定番中の定番であるもののどうしてそのようになるのか?

個性がない?なんか地味。隙もない

黒一色だとどうしてもファッションに動きがなく、色的にも地味と思われてしまったり完璧主義に感じたり、自分の世界に酔っているような印象があったり、カッコつけているように見えたりと、似ている色でネイビーなどのワンカラーコーデとはまた違った印象をもたれてしまいます。

また隙がなく、なんとなく近寄りがたいイメージも持たれてしまいがち。結果、ダサいと言われることもあります。

黒コーディネートでおしゃれなスタイルを作ることができないのか?といわれると実はそうでもありません。

素材の違いや黒といっても色の違いがある

黒といっても漆黒だったり、グレーに近いように見えるものがあったり、素材でもレザーとデニム、チノパンツなどでは見え方が違ってきます。

メンズ 全身黒コーデ 

上記トップスのメンズニットは黒ですが、ダークグレーっぽく見えたりしませんか?こういった違いが黒といってもあります。

黒に変化をつけることで印象もかわり、最もNGなのが同じ質感で黒で統一することです。

極端な例でいうと、レザーアイテムで黒の上下にシャツや靴も含めレザーで統一したらどう思いますか?結構痛い人に見えませんか?ワンカラーとは言え変化がなく重い印象が出来上がってしまいます。

こういう時に活躍するのが、ニットアイテム。特に凹凸がはっきりしているものだと変化を出すことができ、レザーよりも薄めの黒だと尚いいですね。また完璧主義で隙が無いように見える黒コーデに、ニットを使うことでヌケ感を少しですが足すことができるのも大きい。

全身黒コーデにおすすめはメンズニット

黒で統一したスタイルで、取り入れたいおすすめアイテムとしてニットを押します。ヌケ感を出し硬い印象の黒スタイルに柔らかい表情をニットであれば足すことができます。

黒 ニット メンズファッション

特にケーブル編みなどのニットは動きがあるので、色での違いが乏しいのであれば、凹凸などで変化をつけると良い。おすすめニットとして秋冬メンズファッションコーディネートで使っていきたいのが以下のニット。

ひかりケーブル編みスクリューネックデザインニット/ボリュームネックデザインネップ混ニット/ケーブル編みスタンドカラーニット

ニットでヌケ感を出すというのももちろんですが、上記3つのニットを見ても、カラーは黒となっていますが、まったく同じ色合いではないということはわかるのではないでしょうか?こういった黒でも深い黒や色落ちしているような黒を表現しているものもあったりするので、黒といっても全く同じではないということを意識してもらいたい。

黒コーデにヌケ感を入れるとおしゃれになれる!?

ヌケ感、スキを作ってあげること。黒の統一しているのであれば、尚更必要となってきます。他の色も使いたいのであれば、簡単なのでいうと、黒コーデに白アイテムを足しモノトーンコーデにする方法もありますが、この場合、白がヌケ感、変化を付けてくれる役割を担ってくれます。

やりすぎにならないように注意

黒でヌケ感を作るというのも、やりすぎ感を少しでも緩和させる必要があるからです。最近のトレンドでもスポーツミックス(キレカジにスポーツテイストを取り入れる)などはあっても、全身スポーツテイストとなるとおしゃれではなくダサく思われてしまいます。これはカラーを統一する場合も同じことが言えるので、ヌケ感、隙をしっかりと作ってあげましょう。

メンズファッション情報

関連記事
メンズ全身黒コーデダサいおしゃれ

Comments 0

Leave a reply