今脚光を浴びているデニムジャケット Gジャン 流行メンズファッション情報
FC2ブログ

今脚光を浴びているデニムジャケット Gジャン 流行メンズファッション情報

2018年秋冬のメンズ服も出そろい。人気の傾向・対策というのも立てやすい時期となってきました。

そんな中で、脚光を浴びているアイテム・アウターの1つとして、デニムジャケット(Gジャン)を挙げることができます。ではなぜデニムジャケットが支持されるようになっているのか?

流行と密接な関係があることは確かなことです。

目次

1なぜ今デニムジャケットが脚光を浴びているのか?

2ダメージ加工やクラッシュ加工といったデニムアイテムの流行

3安定感のあるデザインにストレッチで動きやすい人気NO1のGジャン

4デニムジャケットの着こなし・コーディネート『参考』

5デニムジャケットは冬も着れるアウターです。

スポンサードリンク

なぜ今デニムジャケットが脚光を浴びているのか?

一言でいうと流行なのですが、ここ数年少しずつですが需要が増えていたのも事実。そして2018年秋冬では一気に華を開いたといった印象もあります。

まずはスタイルとしての流行として、カジュアル、アウトドア、スポーツテイストといったアウトドアなイメージがある洋服を取り入れたスタイルが流行しています。

これらのイメージの中で、デニムジャケットは、「カジュアル」「アウトドア」といった印象がある。故に流行を抑えることを考えると選択するアウターとして候補に挙がってきます。

ダメージ加工やクラッシュ加工といったデニムアイテムの流行

そしてもう一つ挙げることができるのが、デニムアイテムの流行です。ジーンズ、デニムパンツやデニムジャケット、デニムシャツといったデニム系事態の人気が上がっているということも考えられる。

2018秋冬流行 ダメージデニムパンツ クラッシュ加工 メンズ

とくにダメージ加工やクラッシュ加工といった色落ちや穴が開いているような個性的なデザインの支持率が急上昇しており、こういった加工が似合うのはやはりデニムになります。

個性が強くですぎるといった部分があるものの、今の流行ではそれが良しとされているので、流行最先端であればダメージやクラッシュ加工を優先したい。

しかし個性は控えめにしたいという方は次のような定番デザインのほうが良いでしょう。

安定感のあるデザインにストレッチで動きやすい人気NO1のGジャン

初めてのデニムジャケットとしてもおすすめの安定感のある定番デザイン。さらにはデニムのゴワゴワ感が苦手な方にとってもうれしいストレッチが入ったタイプで、メンズファッションプラスさんにて人気NO1のアウター。(2018/10/30時点)

詳細:ストレッチデニムジャケット(インディゴ)

Gジャンは動きにくいから苦手という方がいるのも確かです。リラックスして洋服を着たいときも確かにあります。こちらはストレッチデニムなので、通常のデニムよりも伸縮性があり動きやすい。

活動的なアウトドアシーンでの動きやすいといった機能性はうれしいところですね。

デニムジャケットの着こなし・コーディネート『参考』

デニムジャケットってどうやって着こなしていけばいいの?コーディネートがわからない。バリエーションを増やしたい。そういった方はこちらを参考にされてみてください。

※画像よりコーディネートアイテムチェックできます。

※画像よりコーディネートアイテムチェックできます。

落ち着いた印象にされたい方はボトムをダーク系に色をチョイスし、軽快さ爽やかさ足取りが軽い印象にしたいときにはベージュのような明るい色のボトムを選ぶとそのイメージに近づけることができます。

見た目での安心感を与えやすいのはボトムや足元をダーク系の色にすると与えやすく安定感のあるイメージを与えやすい。

デニムジャケットは冬も着れるアウターです。

デニムジャケットは寒い真冬になるとちょっと着づらいなっといったイメージもあります。冬のメインアウターとして着るとなるとどうしても薄く暖かさはありません。

しかし最近ではデニムジャケットをシャツ間隔でニットセーターと冬のヘビーアウターの中間に着るとう方法も一般的になりつつあるので、こういった着方をすれば秋冬春とロングシーズン主力として着ることができます。

真冬に中間に着ることを考えるとやはりストレッチが入っているデニムジャケット(Gジャン)のほうがストレスが少ないでしょう。

関連記事
Gジャンデニムジャケット流行メンズコーディネート

Comments 0

Leave a reply