FC2ブログ

着こなしやすい!持っていて損しない春のメンズ服 コーディガンやシャツ・カットソーなど

2019年04月10日
0
0
シャツ

春のメンズ服で着回し力が高く、着こなしやすい持っていて損しない春服にスポットを当てていきたいと思います。

目次

1持っていて損しない服ってどんな服?

2春の大人の着こなしに流行コーディガン

3半袖カットソーの重ね着が簡単にできるトップスセット

4アメリカ3大ブランドに名を上げらるほど人気ブランドのスウェットトレーナー

5アウトローで男らしくできるシャツといえばデニムシャツ

スポンサードリンク

持っていて損しない服ってどんな服?

着回ししやすいデザイン。シンプルなアイテム。定番デザイン。これらのメンズ服は個性的な洋服とのコーディネートでも使いやすく、迷ったときに一着としても選びやすい。

しかしこういったアイテムだからこそ、注意したいのがサイズやシルエット。大きすぎると合わせづらくなったりもするので、持っていて損しないベストな洋服としてみるのであれば、ジャストサイズという点も加えたい。

では今回セレクトしたメンズファッションアイテムを見ていきます。

春の大人の着こなしに流行コーディガン

麻タッチ引き揃えコーディガン

カーディガンとコートの中間的なアイテムでここ数年人気となっているのがコーディガン。

2019メンズ春服コーディガン 

春にさらっとラフに羽織ることができるのがコーディガンのいいところ。ボタンが基本的にはないので前を開けたスタイルになるので、ボタンを留めたいという方にはおすすめしません。

しかし前を開けたスタイルが中心の方にとっては大したデメリットにもならず、むしろ開けて着こなしていったほうが肩の力を抜いた男の余裕を感じさせるスタイルにできるので、これまで前を開けた着こなしをしたことがない方は、是非思い切ってオープンしてもらいたい。

check

半袖カットソーの重ね着が簡単にできるトップスセット

【3点セット】梨地カットソー&タンクトップ ネックレス付き

こちらは半袖カットソーにタンクトップ、さらにはネックレスがセットとなったトップスコーディネートセット。

2019メンズ春服半袖Tシャツ 

このセットだけで問題なく春そして夏のコーディネートで活躍させることができます。タンクトップが半袖カットソーよりも着丈が長めになり、チラ見せさせることでシャレ感アップ。

肌寒い日にはカーディガンやシャツなどを上に羽織ることでさらにおしゃれに深みを出すこともできるので、初のインナーコーデとして、夏の主力として、どちらも視野に入れることができます。

check

アメリカ3大ブランドに名を上げらるほど人気ブランドのスウェットトレーナー

【DISCUS】 11.5ozクルーネックスウェット

アメリカで多くの方が知っているブランドの1つでもあるDISCUSのクルーネックスウェットトレーナー。

2019メンズ春服スウェットトレーナー

ストリートなどではチャンピオンなどは有名ですが、こちらもそれに負けない。デザインは非常にシンプルなのでどんなスタイルにも使いやすく春の着こなしでコーディネート全体をまとめる調整役として重宝できます。

個性的でワイルドなヴィンテージデニムパンツとのコーディネートやアクセントにもなる柄シャツをこのスウェットの下に着用するのもGOOD。

check

アウトローで男らしくできるシャツといえばデニムシャツ

長袖デニムシャツ

カジュアルで男らしくアウトドアでアクティブなシャツといえばデニムシャツ。

2019メンズ春服デニムシャツ

ワイルドなデニムシャツを上記のようにキレイめなテーラードジャケットと合わせることで、アウトドアでアクティブな印象をプラスしたキレカジスタイルにすることができます。

この組み合わせはまさに今風のコーディネートと言えるでしょう。

check

この他合わせて読みたい情報チェック!

昨年も人気のロング丈チェックシャツが平成最後令和元年も大人気

30代以降が選びたい大人の為の春夏メンズポロシャツ 2019年版

【予約スタート】大ヒット公開中の『劇場版シティーハンター』より、冴羽獠と槇村香のペアで登場

【10代ファッション】流行も抑えベージュカラーを使った春メンズコーディネート

関連記事
katsumi
Posted by katsumi
30代以降の男性ファッションやお役立ちライフスタイル情報をピックアップ。
着こなし方をはじめスタイリングを意識した
サイト作りを心がけています。

プロフ画像のアニメーションLineスタンプ販売もしております。
疑問等ありましたらお気軽にご相談ください。

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a reply