FC2ブログ

マグナ250に自作サイドステーを製作取り付けてサイドバッグをつけてみた!バイク

2019年07月31日
0
0
ライフスタイル

マグナ250は荷物が積めない。シートの下にわずかばかりの物がいれることのできる場所があるものの、保険証やら説明書などを入れるといっぱいいっぱいになるほど小さい。

ということでサイドバッグが欲しい!ステーはどうしよう?

ということで、【自作ステー】にしました。

目次

1愛車のマグナ250がフロントフォークオイル漏れからフォーク取り換えて戻って来た

2ボルトや材料選びが大変

3M8×110mmのボルトで思わぬ失態。

4かなり強引だが、スペーサーを取り付ける

5自作サイドステー組み立てました

6材料費3000円だと・・・

7取り付けるバッグは普通のボストンタイプのバッグ

8反省と課題

スポンサードリンク

愛車のマグナ250がフロントフォークオイル漏れからフォーク取り換えて戻って来た。

帰ってきたぞ!帰ってきたぞ♪マ~グ~ナ~!

マグナ250 サイドステー取付日記 サイドバッグ

ここからの~

ドーン!!!

マグナ250 サイドステー取付日記 サイドバッグ

さび付いていたフロントフォークがキレイになって帰ってきました。さすがに10年以上乗っているといろんなとこにガタが来てしまいます。そして初めての大規模な修理となりました。

そしてサイドステー。バッグとマフラーの関係上左側のみに取り付けることにしました。

マグナ250 サイドステー取付日記 サイドバッグ

さっそく作っていきたいけど、まずは購入した材料をピックアップ。

ボルトや材料選びが大変

近くのホームセンターにいって試行錯誤!はじめてということもあり設計図などは基本なし。他の方の自作のサイドステーを参考につくっていきました。

購入した材料はこれです。

マグナ250 サイドステー取付日記 サイドバッグ

U字っぽいものはやや厚めのタイプを選択。これにすることでリアサスとバッグの接触を回避できます。L字はバッグの底を支える為に使用することを前提として購入。もしそれが必要ない方、タイヤやチェーンとの接触を避ける為というのであれば必要ないでしょう。

一番長いボルトは【M8×110mmのステンレス製】

これはマグナと取り付ける為に使用します。組み立てるサイドステー同士を繋げるものは、【M6×15と20mm】。ボルトタイプとプラスドライバータイプ。これは単なる買い忘れで買いなおしした時に間違ってかったのでボルトタイプのほうがしっかり止めることができるし、そちらのほうがおすすめです。

また【スペーサー】も購入。この選択がある意味いい?結果につながったのかもしれない。

M8×110mmのボルトで思わぬ失態。

初めて製作ということで全く持って想像していなかった。完全なる見落としをしていました。実際にノーマルのネジと比べてみました。

マグナ250 サイドステー取付日記 サイドバッグ

長さは確かに長いんですが、まったくもって取付に問題はありません。あくまでボルトの長さは・・です。

逆にノーマルのネジでこのサイドステーを取り付けようとすると長さが足りなくなります。なのでノーマルよりも長いボルトを選びましょう。

ここでお気づきの方もいるでしょう。

このネジ!全ネジじゃないんです。なのでネジで固定する長さ、高さが限定されてしまいます。そして実際に使用すると・・・。

ガバガバです。失敗しました。

ネジ部分が足りませんでした。残念無念。ということで、ネジを回す範囲の長さがわからない方は全ネジが無難です。

かなり強引だが、スペーサーを取り付ける

スペーサーはネジの高さを調整する為の部品である。そこで今回はスペーサーを1つ取り付けてみた。しかしそれでもガバガバでゆるゆる。

固定されない。

そこで強引だがこういった形をとった。

4個セットだったので2個あまっていた。

マグナ250 サイドステー取付日記 サイドバッグ

こちらであれば問題なく固定することができた。

スペーサーを2つ連結×2か所・・・・。

うん・・・強度が・・・強度がね・・・。確かに固定はされているしサイドバッグで重いものを入れなければいいだろう?と思う反面、強度の不安もないわけではない。車のタイヤでこんなことやったら危険すぎるがここならば?もしかして?とやってみた。

なのでしばらく軽いものを入れて使用し様子を見てみようと思う。

そしてここからサイドステーの組み立ては急速に進む。一番の難関が私にとってこのボルトの取付だったのだ。ナットつける場所は狭すぎて手が届きにくくて苦労しました。

自作サイドステー組み立てました

実際に組みあがった姿をお見せしよう。

マグナ250 サイドステー取付日記 サイドバッグ

あとあと微調整はしましたが、このいいところは大き目なサイドバッグにも対応できます。私は今回小さめのバッグだったので、このまま使うと、底部分につかずに意味のない状態になったので、もう少し底の位置を高くする為調整しバッグの底に着くようにしました。

ただし、恐らく長期使用すると底に取り付けているボルトのでっぱりでバッグは擦れます。

柔らかいバッグを使用する為こういった造りにしていますが、底のボルトで止めているものを外しL字の金具だけでもレザーバッグならばいいかもしれません。それを言っちゃうとバッグの背面部分も同じですが・・・。

材料費3000円だと・・・

ステーは片側のみ。なのに材料費約3000円。こうなると完全に好みでアレンジしたい方、合うサイドステーがない方じゃないとむしろ高くつくかもしれません。もっと安いものもありますから。

しかし個人的には理想に近い形にできたので満足しています。

取り付けるバッグは普通のボストンタイプのバッグ

今回取り付けるバッグはというと、10年ほど前に1万ちょっとでかったボストンタイプのバッグ。

レザーと布で作られており、購入したのはいいけれど1、2回しか使用していないタンスの肥やしになっていたバッグです。

マグナ250 サイドステー取付日記 サイドバッグ

普通のバッグとして見るとそこそこいいお値段のバッグだったんですが、あまりにも使わない為バイクのサイドバッグとして再利用することにしました。

ちなみに破れているように見えるのはデザインです。ビンテージデザインのバッグだったのですよ。そして実際に取り付けると、

マグナ250 サイドステー取付日記 サイドバッグ

取っ手の部分をシート下にかまして装着。もっと上に取り付けることもできたんですが、そうするとバッグの重さを支えてくれる底の部分が浮いて意味がないことになったので、敢えて少し下げバッグの重さを支えることができるような位置にしています。

反省と課題

今回の反省としてはやはり【M8×110mm】のボルトです。全ネジにしていなかったのは大きな失敗となりました。その結果スペーサーの重ね付けという強度を落としてしまうような方法を取らざるを得ませんでした。

これは今後の課題として、全ネジタイプでスペーサーを1つつけて使用できるようにしていきたい。ボルトの長さはもう少し短くても問題はなさそうです。

いいのか悪いのかわかりませんが、少し補強を過剰にしているような気もしないでもないです。ボルト、ナット、つけすぎか?べつボルトつけている場所と一緒に取り付けるという方法もなくはないだろうけど、ボルトにかかる負担を考えるとこういう形になってしまいました。

こういった作業は初めてだったので時間がかかってしまいましたが、おおむね満足のいく自作サイドステーが完成しました。

この他合わせて読みたい情報チェック!

ナチュラル自然体重視の夏ならこれを選べ!

夏祭り、花火大会!夏のイベントといえば浴衣でしょ

素朴でナチュラルな素材感!清涼感を感じるメンズテーパードパンツ

トムクルーズ主演トップガン続編の影響か?MA-1ジャケット人気が再び!?

バイク王

バイクブロス
関連記事
katsumi
Posted by katsumi
30代以降の男性ファッションやお役立ちライフスタイル情報をピックアップ。
着こなし方をはじめスタイリングを意識した
サイト作りを心がけています。

プロフ画像のアニメーションLineスタンプ販売もしております。
疑問等ありましたらお気軽にご相談ください。

Comment 0

There are no comments yet.

Leave a reply